2012年7月 4日 (水)

小学生が来ました

  7月4日(水) 晴れ

 九久平小学校の2年生34名が、自然体験でカエル谷へ歩いて来ました。
心配してた雨も降らず、信じられないぐらいの素晴らしい天気になり、はじめは水の中に入るのをためらっていた子どもたちでしたが、一人が入ると、次々と入り、泥んこになりながら、メダカやトジョウやトンボを捕まえたりして、元気に遊んで帰りました。
 みんな、とっても良い笑顔でした。

Dsc_0560
Dsc_0614_2
Dsc_0654
Dsc_0629
Dsc_0658_3
Dsc_0676 

 トンボたちの産卵も見ることが出来ました。

Dsc_0634  ↑ ギンヤンマの連結植物組織内産卵です。
Dsc_0668ta ↑ シオカラトンボの打水産卵です。
Dsc_0792↑ オオシオカラトンボの警護付き打水産卵です。(上が♂)

  カエル谷は、なつかしい生きものたちの空間ですが、子どもたちには開放しています。
 ただ、子どもだけで来るのは危ないですから、大人の人と一緒に、いつでも遊びに来てください。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

お客様

■6月8日 

 カエル谷へ、九久平小学校の二人の先生をお迎えしました。
STさんの紹介です。ありがとうございました。
 目的は、子どもたちの自然体験の場として、カエル谷が活用出来ないかを自分の眼で確認するためです。
利用に当たっての取り決めや注意すべき点などの質問を挟みながら、一時間半ほどカエル谷を見て帰られました。

 「とてもいいところなので、ぜひ、子どもたちを連れて来たい…」とのことでした。

 下記は、先生方が見つけられたトンボたちです。
Dscn0703↑ モートンイトトンボの成熟した♂です。 とても小さいのに驚いてられました。 Dscn1635↑ モートンイトトンボの成熟した♀です。 Dscn4686↑ 上の写真と見比べてください。
  モートンイトトンボの♀も、未成熟のときはこのような色合いです。 Dscn7059↑ モノサシトトンボの羽化間もない♀です。

 『カエルの分校』の活動の一番の目的は、なつかしい生きものが絶えないように、カエル谷のような水辺を再生し維持することですが、二番目の目的は、子どもたちに、それらの空間で五感をフルに使って遊んでもらうことです。 子どもたちは、遊びの中から、いろいろ学びます。

 今日の先生方の訪問が、たくさんの地域の子どもたちが来るきっかけになり、地域の方々に、自分たちの住んでいる近くに、なつかしい生きものがたくさん生息する自然が残っていることに気づき、将来のために大切にして行こうとの機運が出来れば幸いです。

 日曜は、静岡市からカエル谷へ、お客様が来られます。

 私たちの活動が、少しでも多くの人に理解され、各地へ活動の輪が広がり、なつかしい生きものたちの安住の地が増えればうれしいです。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

雨の中のでも

 9月29日の観察会は、朝からの雨で中止にしましたが、直接、カエル谷行っている人がいるかも知れないと行ってみると、はやと君がお母さんと来ていました。
しばらくすると、つばさ君もお母さんと駆けつけ、子どもたちは、雨の中で元気に遊んで行きました。
 雨の日も、雨の日なりにいいものです。
シロバナサク ラタデやススキがきれいでした。Dscn2830_2 Dscn2823 Dscn2826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

川遊び

 Dscn1115
このところ行事が雨で流れていましたが、3度目にして天候に恵まれ、7月28日、8月5日と、川遊びが出来ました。Dscn1254_2

Img_3652Dscn1237_2 Img_3646

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

蛙の卵と子どもたち

27日、カエル谷で子どもたちが遊んで行きました。
 砦岩では秘密基地づくりの続きと、自分たちが造った遊具で遊び、湿地では、ニホンアカガエルの卵塊に触ったり、セリを摘んだりしました。
 卵塊に、初めて触れる子どもがほとんどでしたが、中には何度も手のひらに載せては、感触を楽しんでいました。
 日蔭には 氷も残っていますが、日向は、水温が10℃近くあり、子どもたちは元気に遊んで行きました。

 いろんなことに興味を持つ子どもたちから、私たち大人は、忘れたり、なくしてしまった素直な心や、なんでもやってみようとの勇気を学ばさせてもらいます。
また、自然の中で過ごすことで、自然から多くを学び、自然を大切にしたいと実感します。Dscn5403_1 Dscn5838
Photo_33

070127

Photo_37  子どもたちの写真は、Aさんに撮って頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

12月 砦岩の山で遊びました。③

 焚き火で、焼き芋をしました。みんな遊びに夢中で山から 下りて来ないので、大きな声で呼びました。
「早く来ないとなくなるよ~!」

 全員、食べることが出来ました。
  焚き火が大好きになりました。Img_2357

Img_2400 Img_2367Img_2359 Img_2389 Img_2412Img_2415  火の始末についても学びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月砦岩の山で遊びました。②

 Img_2232岩登りもしました。
ちょっと勇気もいりましたが、登ることが出来ました。

 4歳のKちゃんが「わたしものぼるー!」と言うので、年上の子どもの登り方をしっかり見せてから、ポイントを教えて挑戦しました。
見事登りきり、3回も登りました。     

そうなると、お兄ちゃんも登らないわけには行きません。妹の前で上手に登りきりました。よかったです。

Img_2263Img_2235

Img_2269 Img_2258 

        

Img_2318 お母さんたちも3人登りました。
Img_2324 子どもたちが拍手で称えていました。
お母さんもうれしそうです。
 野山では、大人も童心になって一緒に遊ぶことが大切に思います。

 今夜は、楽しい夕食になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 砦岩の山で遊びました。①

Img_2344Img_2154 Img_2139 先月に続き、カエル谷の奥の砦岩のある山で遊びました。 
 秘密の基地の中に、子どもだけの秘密の基地を作りました。
でも、子どもたちは、大人の人には内緒だよって、みんなに言って回っています。
しかし、大人は通せんぼで、 近づくことは出来ませんでした。
 子どもの夢が膨らみます。大人たちも興味津々です。 

Img_2196

Img_2153Img_2144

 落ち葉が一杯で、ふかふかしていました。
赤い実や青い実もありました。

 10日には、氷も張ったそうで、さすがの赤とんぼも姿が見れませんでした。

Img_2334_1 Img_2337Img_2351

Img_2418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

砦岩の山で遊びました。

Img_1561_2  タカノツメが黄色く色づく砦岩の山に、子どもたちが遊びに来ました。
 上は小学6年生、下はヨチヨチ歩きの子どももいます。
 大人たちは、出来るだけ口や手は出さず、「親」の字が示すように、木立の陰から静かに見守るスタンスです。
 やはり、子どもは、遊びの天才です。
 それに、大きい子どもが、上手に小さな子どもをリードして、ノコギリや、縄の結び方を教え、小屋や、ブランコ、竹の鉄棒、滑り台などを作って、楽しい一日を過ごして帰りました。
 家に帰ったこどもたちは、家族の人たちに、一杯一杯、お話をして、ぐっすり眠ったことでしょう。 
 年内に、もう一度来て頂く計画です。
焚き火をして、焼き芋もつくる予定です。
マッチで、実際に火を起こすことも体験します。

 自然の中で、いろんな年齢の子どもが遊ぶことは、子どもの成長にとって、とてもプラスになると、『カエルの分校』は考えています。
 子どもたちに自然体験を考えられている方は、『カエルの分校』が、フィールドを提供し、安全の確保など、若干のサポートを致します。

 ノコギリの使い方を教えている青いウエアを着た子ども(小学6年生)は、分校生で、生きもの大好きのケイスケ君です。
 

 (参考) 砦岩は、カエル谷の背後の山の中にある高さ6mほどの岩のある所です。                    

      Img_1553 なお、写真は、Aさん撮影です。

Img_1542

Img_1519Img_1572 Img_1577

Img_1581 Img_1589 Img_1535

Img_1604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

泥んこになって遊ぶ

 7月22日に、たくさんの親子が風の谷へ来てくれました。
泥んこになって、楽しく遊ぶことが出来ました。Img_9778 Img_9779
テレビも取材に来ました。

Img_9782 Img_9815 Img_9814

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧