2011年6月13日 (月)

半城土ホソのセスジイトトンボ

 「カエルの分校・刈谷分室」だよりです。
12日(日)、カエル谷でのホタル観察会(11日)の後、孫の小1の男の子だけが我が家にお泊りしました。
久しぶりなので半城土の田んぼのホソ(水路)に遊びに行きました。
カエルを観たり、お玉をつかまえたりして遊びました。
トンボの写真は上からセスジイトトンボ♂(成熟)、セスじイトトンボ♂未成熟個体です。(Sen3)

110612mimg_5831

110612mimg_5867 110612mimg_5883 110612mimg_5877

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

半城土ホソの生きもの達

 2011年6月9日薄曇り・刈谷分室だより

  久しぶりに半城土(はじょうど)の田んぼホソ(水路)を訪ねました。
水田も美しく、麦秋の畑も綺麗でした。
モンシロチョウがたくさん飛び回っていました。
ホソを覗くとセスジイトトンボの連結飛翔が見られました。
ベニシジミやツバメシジミにも逢えました。
写真は上から麦秋の田んぼホソ、セスジイトトンボの連結、セスジイトトンボ未成熟♂、ツバメシジミ、ベニシジミの交尾です。(Sen3)

110609dsc03145 110609dsc03162_2110609dsc03246  110609dsc03260  110609dsc03282

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

刈谷の水辺だより番外編(クロアチアのトンボ)

 5月25日から6月2日までクロアチア・スロベニアに行ってきました。
水辺や草原を見つけるとツアーの列をちょっとの間離れてトンボや蝶を探してみました。
スロベニアのブレッド湖でサナエの仲間のようなトンボとイトトンボに逢えました。
またクロアチアのプリトヴィッツェ湖群(世界遺産)ではアオハダトンボに似たカワトンボに逢えて写真を撮ることができました。
また、写真を整理中に車窓風景にトンボの飛翔が写っていました。最後の写真の左上に注目ください。

         110606mr0013319

110606mimg_4274_5

110606mdscn2673

110606mdscn2498 

110530mdscn2593

110530mdscn2738

110528dscn2249_2 

上段からブレッド湖のヤンマの仲間、イトトンボの仲間、クロアチアのプリトヴィッツェ湖群のアオハダトンボ風の蜻蛉、ゴスピツァのホテル前の草原のヤマトシジミ風の蝶、プリトヴィッツェ湖群の風景。ドブロヴニクに向かう途中の水郷地帯で撮れたトンボの飛翔です。(Sen3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

庭の水辺でイトトンボが羽化

16日(曇り)カエルの分校「刈谷分室」だより。

 今月11日に庭の水辺でアジアイトトンボ♂を発見。昨年羽化したトンボが子孫を残してくれたようです。これでアジアイトトンボが庭の水槽で羽化したのは3年連続となりました。15日カエルの分校のカエル谷から帰って来て、水場を覗いたらふぁ~とイトトンボが飛び立ちました。アジアイトトンボのメスでした。二頭目です。
写真は上段から庭の水辺、1頭目♂、2頭目♀です。sen3.
090516r0010500_2 1r0010435 0905152r0010495

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

カルガモの親子

5月1日(金曜)晴れ。「カエルの分校」刈谷分室だより。

 七番ホソのトンボを観に行きました。アジアイトトンボやシオカラトンボが飛んでいました。ホソの突き当たりにカルガモの赤ちゃんの群れを発見しました。親が居ないと周りを見回していたら、お母さんがすッ跳んできました。子供達は一斉に水路に飛び込み、お母さんの後を追っかけて行きました。野球チームができる子供達でした。(sen3)090501dsc04858 090501dsc04861 090501dsc04893

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

アジアイトトンボ

 8日(水曜)晴れ。カエルの分校「刈谷分室だより」

 半城土の田んぼに蝶々を探しに行きましたが、イトトンボの飛翔に出会いました。4月上旬に田んぼホソでトンボが飛ぶのを見たのは初めてです。キチョウやモンシロチョウが飛ぶのみながら畦道を歩いたら、足元から羽化間もないイトトンボがヒラヒラと飛び上がりました。こんな時期にと驚きました。あっという間に田んぼの中に消えてゆきました。キツネノボタンガびっちり生えているホソを注意深く見てみましたが、イトトンボを発見できませんでした。蝶々の写真や周りの景色を撮りながら15分ほどして、イトトンボが飛び立ったホソに戻り再度トンボを探しましたら、おりました。アジアイトトンボでした。(sen3)

090408r0010033 090408r0010034 090408r0010017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

赤とんぼ調べ

 10月24日(金)雨時々曇り カエルの分校・刈谷分室だより

 今週19日(日)に隣町の知立市の田んぼに赤とんぼ調べに行きました。分校のSさんから家の近くの田んぼにアカネの仲間コノシメトンボが飛んでいるとの話を聞きました。早速調べてみる事にしました。一枚だけ水が張ってある田んぼがあり、コノシメトンボやギンヤンマ、シオカラトンボが産卵しておりました。またホソでイシガメらしき亀の姿も見ました。この田んぼも大事なトンボ観察場所になりそうです。

 この日は田んぼ近くの神明社の秋祭りでした。観察している最中お囃子が聞こえておりました。とてものどかで気分の良い観察ができました。そして帰り際、突然水辺でSさんに声を掛けられました。びっくりしました。神社で行なわれる餅撒きに行く途中とのことでした。一緒に行かないかと誘われ、お供しました。縁起の良い紅白のお餅がお土産の赤とんぼ調べになりました。

 081019dsc02960 081019dsc02988 081019dsc02924 081019dsc02820 写真、上段から順に、観察した田んぼの全景、コノシメトンボ♂、コノシメトンボ♀、コノシメトンボの産卵。(sen3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

赤とんぼが帰ってきました

   カエルの分校・刈谷分室だより10月15日。

 3日にナツアカネが庭にやってきました。初めてのことです。東南アジアからやってくるウスバキトンボやおなじみのシオカラトンボはやってきますが赤とんぼの仲間は初めてです。涼しくなったので山から里に下りてきたようです。我が家で少し羽を休めてから近所の田んぼの方角へ飛んで行きました。たった4分間の休憩訪問でした。

 早速近所の田んぼへ仲間達が来ているかどうか見に行きましたが見当たりませんでした。それから何度か田んぼホソに足を運びましたがなかなか姿を見つけることができませんでした。10日にやっと出会えました。ナツアカネ2頭、マユタテアカネ2頭を確認しました。マユタテアカネはこの田んぼホソでは初めてのことです。びっくりしました。このホソの水辺で育ったとは思われません。何処で育ったのでしょうか。この田んぼホソでは今年もミズオオバコがたくさん咲きました。数えてみたら108株もありました。マユタテアカネはこの花を見にやってきたのかもしれません。

写真上段から順に「庭にやってきたナツアカネ」「ホソに帰ってきたナツアカネ」「ホソに初めてやって来たマユタテアカネ」「ミズオオバコが咲くホソの全景」。(sen3) 081003mdsc03010_3

081010dsc03278_7 081010dsc02512_4 0810102dsc02525_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

庭のアジアイトトンボ(エピローグ)

 7月5日曇り、「カエルの分校」刈谷分室だより。先日アジアイトトンボの羽化が終わった旨報告しましたが2週間ぶりに6月25日、雌が羽化するのを確認しました。よって1頭増えて合計32頭羽化したことになります。そして6月30日には庭で羽化したと推定される♀のアジアイトトンボがDscn6614 元気な姿を見せてくれました。(sen3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

アジアイトトンボの羽化(8)

 6月25日(水)曇り、「カエルの分校」刈谷分室だより。庭のメダカ水槽からの羽化も終結したようです。6月11日で羽化が終わりました。♂が20頭、♀が9頭、不明2頭、合計31頭の羽化を観察しました。不明の2頭は羽化途中で力尽きてしまいました。最後に羽化したのは♂でした。写真をご覧ください。(sen3)080611pict0007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧