2012年2月 5日 (日)

分校だより2012年第2号

 「分校だより」第2号をお届けします。画像をかクリックすると拡大いたします。Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

分校だより2012年第1号

 2010年まで月例観察会の様子、竹村新池の様子を季節ごとにまとめEメール、ハードコピーの郵送、手渡し方法で会員の皆様にお届けしました。昨年は編集子の都合、諸般の事情で発行できませんでした。この分校だよりを今年から復活させます。観察会の様子、カエル谷定例整備作業状況、四季折々のカエル谷の様子、訪問してくれたお客様の様子、他を主体に月あたり2回ぐらい発行する計画です。これを本ブログにも掲載いたします。参考にしてください。既に2012年1号、2号が発行されております。ご覧下さい。(Sen3)画面をクリックすると拡大します。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

小屋をつくり変えました。

 冬場の作業に備え、古くなった小屋をつくりなおしました。
昼の休憩などに役立っています。
大晦日は、子どもたちと囲炉裏を囲みました。
小屋で新年を迎えた人もいます。
昼中は本を読んだりして過すのも良いでしょう。
やまねは笛を吹いています。
小鳥の声も聞こえていいものです。
せいぜい、ご利用ください。

 キーのナンバーは、幹事まに確認ください。

Dscn9323

Dscn0509Dscn0513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

テレビ放映がありました。

 9月27日、テレビ愛知の『里山に行こう』と言う番組で『カエルの分校』とカエル谷が放映されました。
 取材にみえた3人の子供たちの眼を通して、「生物多様性」を理解する、とても良い番組になっていたと思いました。
 「食物連鎖は、食べる食べられる関係である」ことや、「食物連鎖のピラミッド」を構成するいろんな生物の、例え一つでも絶滅したら、生態系のバランスが崩れることや、『カエルの分校』の「なつかしい生きものが絶えないようにしたい」との想いが伝わってくだされば幸いです。
  (注) 「食物連鎖のピラミッド」は、「生態系のピラミッド」とも言われます。
 
 なお、番組の中で、CW.ニコルさんが、「多様性とは可能性」と言ってましたが、うんちくのある言葉でした。
 つまり、地球上には不必要な生物は何もない。人間が勝手に大切だとか、これは不要とか判断しているけれど、役立たないと思っていたものが、あるとき、とても有用なものであることに気づいたりします。いろんな生物がいて自然は成り立っているのだから、その可能性を人間が摘んでしまってはよくない…と解釈しました。

 番組スタッフの方々、そして分校のスタッフのみなさん、ありがとうございました。

Dscn5994 Dscn6002

Dscn6005

Dscn6007 Dscn6009

 なお、当番組がどんな想いでつくられたかについては、下記の「テレビ愛知解説委員室・コラム」をご覧ください。
http://www.tv-aichi.co.jp/blog/kaisetsu/2008/09/no239_1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)