« ササユリが咲きました。 | トップページ | 夜のカエル谷 »

2012年6月 8日 (金)

お客様

■6月8日 

 カエル谷へ、九久平小学校の二人の先生をお迎えしました。
STさんの紹介です。ありがとうございました。
 目的は、子どもたちの自然体験の場として、カエル谷が活用出来ないかを自分の眼で確認するためです。
利用に当たっての取り決めや注意すべき点などの質問を挟みながら、一時間半ほどカエル谷を見て帰られました。

 「とてもいいところなので、ぜひ、子どもたちを連れて来たい…」とのことでした。

 下記は、先生方が見つけられたトンボたちです。
Dscn0703↑ モートンイトトンボの成熟した♂です。 とても小さいのに驚いてられました。 Dscn1635↑ モートンイトトンボの成熟した♀です。 Dscn4686↑ 上の写真と見比べてください。
  モートンイトトンボの♀も、未成熟のときはこのような色合いです。 Dscn7059↑ モノサシトトンボの羽化間もない♀です。

 『カエルの分校』の活動の一番の目的は、なつかしい生きものが絶えないように、カエル谷のような水辺を再生し維持することですが、二番目の目的は、子どもたちに、それらの空間で五感をフルに使って遊んでもらうことです。 子どもたちは、遊びの中から、いろいろ学びます。

 今日の先生方の訪問が、たくさんの地域の子どもたちが来るきっかけになり、地域の方々に、自分たちの住んでいる近くに、なつかしい生きものがたくさん生息する自然が残っていることに気づき、将来のために大切にして行こうとの機運が出来れば幸いです。

 日曜は、静岡市からカエル谷へ、お客様が来られます。

 私たちの活動が、少しでも多くの人に理解され、各地へ活動の輪が広がり、なつかしい生きものたちの安住の地が増えればうれしいです。

 

|

« ササユリが咲きました。 | トップページ | 夜のカエル谷 »

コメント

人類の起源は「蛙」です

投稿: 人蛙 | 2012年6月 9日 (土) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お客様:

« ササユリが咲きました。 | トップページ | 夜のカエル谷 »