« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月20日 (火)

ぬかるみ対策

■3月20日 晴れ

 今日は火曜日なので、カエル谷の作業がありました。
 夏場と違い、草刈りの必要がないため、観察会に来られた人が困らないようにと、ぬかるみ対策をしました。
 カエル谷は、イノシシが餌を求めて夜な夜な徘徊するため、畦の所々が崩されたり、そのままにしておくと、漏水してしまうのです。
 過疎化と人手不足の中で、農業を続ける人たちのご苦労が解かるときでもあります。
P1000017

P1000019↑ 補修後の水辺です。
竹がたくさん刺してあるのは、固まる前にイノシシに崩されないためです。 Dsc_7816↑ イノシシの足跡です。 
彼らも生きるために必死なのです。 ここならいくらほじくっても良いと、柵外にイノシシのためのパラダイス「シシパラ」を造ってあるのですが、イノシシにはこちらの意思が伝わらず、いつも、大事な水辺の方を荒らすのです。

Dsc_7900↑ ニホンアカガエルやヤマアカガエルのオタマジャクシも大きくなってきました。 Dsc_7889↑ 越冬個体のテングチョウです。 Dsc_7830↑ ヤマウグイスカグラです。 
6月には、赤く美味しい実がなりますので、楽しみにしています。 Dsc_7905↑ ショウジョウバカマです。  
日一日と、春の気配を感じるこの頃で、作業をしていると汗ばみ、喉が渇くようになりました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

引越し

■3月13日 晴れ

 道路予定地に掛かる「ヒキガエルの水辺」の卵塊を、新しい水辺へ移しました。

Dsc_7597

↑ 以前からのヒキガエルが産卵していた水辺です。
写真正面左手の尾根の陰が引越し先の新しい水辺で、写真を撮った背中側が道路が通る山になります。

Dsc_7614

Dsc_7598↑ 上二つが、ヒキガエルの避難地として新たに整備した水辺です。

Dsc_7599 ↑ 無事カエルになって、こちら側の山へ行ってくれるといいのですが…。ちなみに、新旧水辺の直線距離は150mほどですが、背後の尾根が異なります。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

ヒキガエルの産卵

■3月8日 くもり

Dsc_6774_2

Dsc_6779_2

P1000281_2 (SSさん撮影)

Dsc_7436t_2

Dsc_7442t_2

Dsc_7017_2

Dsc_7607  前日までの雨が幸いしたらしく、いつもの水辺で、ヒキガエルの蛙合戦があり、産卵が始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

フキノトウ

■3月1日 晴れ
 Dsc_6762  カエル谷のいつもの所に、今年もフキノトウが顔を出しました。

Dsc_6755t ↑ ニホンアカガエルやヤマアカガエルのオタマジャクシも出始め、春がそこまで来ている感じですが、 Dsc_6767 ↑ 例年よりひと月以上遅れて産卵するカエルもあったりと、中々暖かくならない今年の春です。 Dsc_6769

 ↑ 春を待つ、カエル谷の水辺です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »