« 2009年9月 | トップページ | 2011年6月 »

2009年10月23日 (金)

『金蔵連分教場』が誕生しました。

 2009年10月10日。
金蔵連(ごんぞうれ)の矢澤宗次・百百子ご夫妻のご好意で、『カエルの分校・金蔵連分教場』が誕生しました。
 金蔵連分教場は、足助の中心地から、巴川、神越川、金蔵連川と遡った最奥の集落『金蔵連』手前1.2Kmほどの田んぼを中心としたところで、標高は570mほどです。
091009r0015203_2
 ↑ 金蔵連の田んぼ風景。
ハザ架けのお手伝いをする白井さん、野口さんたちです。 (2009.10.10 嵯峨さん撮影)
Dscn2533_2
 ↑ 田んぼに入れる前に、沢の水を暖める水辺です。
従来、冬場は水を落としていたのですが、今後は生きもののために、年間を通じて水を入れていただくことになりました。 (2009.10.10)
Dscn2466t
 ↑ アキアカネの連結打泥産卵です。 (2009.10.10)Dscn2896_2 
 ↑ ミヤマアカネの♀です。 (2009.10.15)
Dscn2857
 ↑ 金蔵連の田んぼ (2009.10.14)Dscn2891_4
↑ 金蔵連の集落です。
6軒、13人が暮らしています。足助町最後の町、長矢澤長介さんは、ここの住人です。 (2009.10.15)

 これまで、『カエルの分校』の有志は、高齢の矢澤さんご夫妻のコメ作りを、時々お手伝いしながら、金蔵連の昔ながらの自然を観させていただいていました。
 金蔵連で観ることの出来る主な生物としては、トンボは、ミヤマアカネ、ノシメトンボ、アキアカネ。今年はオジロサナエや、ミルンヤンマなどが確認されました。
 蛙では、モリアオガエル、ヤマアカガエルなど。
 植物では、アメバチソウ、キセルアザミ、ヤマナシなどがあります。

 今年の田んぼは、台風18号の被害に遭い、ハザ干ししていた稲のハザが倒れ水に浸かるなどしましたが、分校の人たちの応援で、ハザの作り直し、ハザ干し、脱穀と済んで、10月20日、無事精米所へ搬入出来ました。  矢澤さんも、とても感謝してられました。みなさまのご協力に感謝申し上げます。
Dscn2492_2  ↑ ハザを造り直す矢澤ご夫妻と伊豫田さんです。 (2009.10.10)Dscn2835t
 ↑ 脱穀を手伝う迫さんです。 (2009.10.14)
Dscn2919  ↑精米所でモミを下ろす伊豫田さんです。 (2009.10.20) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2011年6月 »